マッコリ片手に盗み聞き

最近の日本酒ブームもあってか、ビール以外のお酒に注目が集まっています。ドラマの影響からウイスキー、ハイボールそしてまだまだ人気のマッコリですね。
口当たりが良く、日本人の口にもぴったりと好評です。
新大久保の韓国料理店「新宿ポジャンマチャ本店」行われた、マッコリの魅力やうんちくを伝えるイベント「八田靖史の韓国マッコリ紀行」。
新しいカクテルの飲み方やマッコリの良さの再確認を目的としていて、女性の参加率がとても高いとか。
そのイベントのはしっこで、若い女性か数人かたまり、マッコリ片手に何やら真剣に話していました。
それは「おっぱい会議」らしく、巨乳の女性が集まり、普段のお手入れ方法や垂れないためのストレッチ、胸に良い食べ物や、形が大好きなアイドルの話など、おっぱいに関する話題で尽きない様子。さらに聞いていると、彼女たち新大久保にある巨乳専門のデリヘル嬢でした。
日々、おっぱいについてこんなに真剣に考えているとわ。頭が下がる思いであそこは上がる思いでした。

地域に住む外国人にアンケート

この地域にはいったいどんな外国人が住んでいるのでしょうか?この地域に住んでいる外国人の構成を知りたいなら、夜の歓楽街に出てみると良く分かると言われています。まず観光客ならこういった歓楽街に遊びに来ている人が多いからです。
そして、他にもこういった情報を知るのに歓楽街が向いている理由は、客側ではなくてその楽しさを提供している側、つまりキャバクラや風俗店の経営側にも外国人が多いからです。80~90年代にかけてはフィリピンパブが大流行でした。
今は新大久保にはフィリピンパブを多く見かけることができません。しかしそんなことでも知っている人間は本当にたくさんいるのです。分かりますか?これが本来の楽しみを見出してるとも言えない状況ではデリヘルも決して悪ではないのです。

まずは一番に多いのが、韓国系の外国人です。これにはいったい何が原因なのかは分かりませんが、おそらく冒頭でも紹介しているように「歴史的な何か」があるとしか言えません。もちろん、単に知らないというだけの理由で。
そして、次に多いのはデリヘル店を考えると分かりますが、新大久保ではやっぱりいわゆる「大陸系」マッサージ店舗でしょうね。